今まで書いたノート

8月 6, 2015 by admin
算数の授業では、ただ教科書の問題を解いていくだけではなく、ノートにもいろいろな問題を記入することがあるでしょうし、重要な点をノートに書くことも多いので、小学校で勉強して着たノートを取っておくことも大切です。ノートに載っている問題を実際に解いてみて、中学受験の勉強をするという方法もできます。教科書もそうですが、小学校のときに使っていたノートは、中学に入学するまで取っておきましょう。

そうすることで今まで習ってきた算数の復習をすることができますし、中学受験の問題の多くは復習をしておけば解けるようになっています。ノートの書き方にも十分注意して、後で見直したときに、しっかりと理解できるような書き方をすることも重要です。後で見直したときに、自分で見てもわからないような書き方では、ノートを書いてもあまり意味がなくなってしまいます。

学校によっては、ノートに問題を書いて実際に解き、先生にマルバツを付けてもらうという方法で勉強する人もいるでしょう。ノートであれば後から付け足して書くこともできますし、消しゴムで消してより分かりやすく書くということもできます。中学受験を目指しているのであれば、今まで勉強して着たノートもしっかりと活用しましょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.