立方体の問題

8月 6, 2015 by admin
算数の中学受験では、図形の問題が多くなっているのですが、その中には立方体の問題も出題されることがあります。面積を求める計算とは違い、立方体の場合には体積を求める計算を行う必要があるので、当然面積を求める計算よりも難しくなっています。立方体の問題でも、中学受験でよく出される問題は、四角推と呼ばれている形なのですが、普通に体積を求める問題だけではなく、かなり難しい問題も出題されます。

例えば四角推にいくつか点が打ってあり、この点とこの点の体積を整数の比で求めよという問題も出てきます。まずは体積を求める公式をしっかりと覚えておくことが重要ですが、問題の意味もしっかりと理解しておく必要があります。中学受験を経験しておらず、すでに算数の勉強をどのように行ったのかを忘れてしまった人や、算数が苦手な人は、整数の比の意味も覚えていないという場合があるでしょう。

しかも四角推にはいろいろな形があるので、形がきちんと四角になっていない場合などは、どのように計算するべきなのか迷ってしまうこともあると思います。しかし、基本をしっかりと行えば、形がある程度変わっても、ちょっとした応用で比較的簡単に問題が解けるようになるので、やはり算数は基本がとても大切なのです。

Sorry, the comment form is closed at this time.