比例と反比例

8月 6, 2015 by admin
中学受験はかなりレベルが高くなっているので、学校で習った算数の問題をそのまま勉強するだけでは難しいでしょう。もちろん学校で習った算数の勉強もしっかりと行う必要があるのですが、中学受験では、比例と反比例が出題することもあります。比例と反比例は小学校だけではなく、中学でも勉強するのですが、中学受験に出てくることもあるので、しっかりと覚えておきましょう。

算数というのは基本をしっかりと押さえておけば、それほど難しく感じるということは少ないので、まずは比例と反比例がどのようなものであるのかを勉強しておきましょう。比例というのは片方が2倍になった場合、もう片方も2倍にあるということです。例えば50円の商品を1つ購入したとします。2つ購入すれば、購入した値段も金額も同じように増加しますが、このような関係を比例と言います。

逆に片方が2倍になっているのに、もう片方が半分になってしまうような場合を反比例というのです。中学受験の問題では、文章問題でこのような比例と反比例の問題が出される場合もあるので、どのような場合が比例であり、どのような場合が反比例なのかを覚えておくべきです。これだけ知っておくだけでも、中学受験の対策になるということも理解しておくべきでしょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.