小数点の計算も大事

8月 6, 2015 by admin
計算式は足し算と引き算、掛け算と割り算が全てですが、普通の数字でこのような計算を行うことは、ある程度算数を勉強すればできるでしょう。しかし、小学校の算数では、一般的な数字だけではなく、分数や小数の計算も行う必要がありますし、中学受験にも出てきます。しかし、分数の計算とは違い、少数の計算というのは、基本的な計算ができていれば、それほど難しく考える必要はありません。

注意するべきことは、小数点の位置を間違えないようにすることです。この1点さえしっかりと覚えておけば、後は普通の計算式と全く変わらないと言っても過言ではありません。小数点の計算をする場合には、小数点以下がちょうどゼロになる場合、小数点を書かなくても正解になることが多いでしょう。しかし、最初は小数点以下がゼロであっても、小数点を付ける勉強をするために、ゼロもしっかりと書いて、小数点も書いておくべきです。

もちろん書いても答えがあっていれば正解になるので、中学受験のときにもこのように書いて問題ありません。小数点というのは、繰り上がりや繰り下がりがないので、必ず筆算に直して計算するようにしましょう。そうすれば問題で小数点が付いている位置の真下に必ず小数点がくるので、間違えることは殆どありません。

Sorry, the comment form is closed at this time.