円の面積も重要

8月 6, 2015 by admin
図形の問題で忘れてはいけないのが、四角や三角だけではなく、円の面積を求める問題も中学受験では出されるということです。また、円周率の勉強も通常小学校の算数できちんと行うので、同時に覚えておかなければいけませんが、まずは円の面積を求める問題をしっかりとこなしておきましょう。円の面積を求める場合、円の直径よりも円の半径が重要になります。

もちろん直径の値が問題に記載されていることもあるのですが、直径がわかれば半径もすぐわかるので、特に問題はないでしょう。そして先ほども紹介したように、円周率がとても重要になるのです。なぜなら円の面積を求める計算を行う場合、公式に円周率が含まれるからです。そのため、円の面積を求める場合には、円周率を覚えておくだけではなく、小数点の計算も覚えておく必要があります。なぜなら円周率は、3.14になっているからです。

円の面積を求める計算を行うときもそうなのですが、基本的に図形の勉強をする場合、図形を実際に書いてみて、この部分とこの部分をこのように計算するということを理解するような勉強法がよいでしょう。もちろん勉強のやり方はその人によってやりやすさが変わってくるので、このやり方が最もわかりやすいという方法で行うべきです。

Sorry, the comment form is closed at this time.