数少ない図形の問題

8月 6, 2015 by admin
算数で図形を求める場合には、三角形と四角形が中心になり、台形の面積を求める問題が出ることもあります。これだけ覚えておけば、中学受験の対策としては十分と思う人もいるでしょう。しかし、図形というのは他にも存在していることを知っているでしょうか。それはひし形と呼ばれている図形です。ひし形というのは、形がいびつになっている四角形のことですが、上下と左右の寸法は同じになっています。

そのため、ひし形にもきちんと面積を求めるための公式が存在しているので、中学受験で出題される可能性が低く、出題されても1文や2問ぐらいしか出てくることはないでしょうが、よりパーフェクトを目指すためにも、しっかりと公式を覚えておきましょう。他にも多角形と呼ばれている図形の問題が出る場合もあります。多角形というのは、5角形以上の角が存在している図形の総称です。

6角形も8角形も多角形と呼ばれてひとくくりにされることが多いのですが、やはり中学受験では、それほど多く出題されることはないでしょう。しかし、いくら角数が増えても、しっかりと公式を覚えておき、応用ができれば解けない問題ではありません。算数は基本をしっかりと行うことが重要なので、あまり出題されないからと言って、おろそかにするべきではないでしょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.