台形も覚えておく

8月 6, 2015 by admin
中学受験の算数の問題には、普通の四角形だけではなく、台形の計算問題も出題されることが多くなっています。台形の場合には、四角形を計算するときの応用が利きませんので、やはり台形の公式をしっかりと覚え、応用を利かせることができるようにしておく必要があります。中学受験で図形の問題が出た場合、大半は三角形と四角形になっているのですが、より確実に合格を目指すために、台形も覚えておくべきです。

台形というのは、上下や左右の長さが異なっている四角形のことなのですが、長さが異なっているだけでも、かなり問題がややこしくなるので、しっかりと覚えておく必要があります。しかも台形の公式というのは、三角形の面積を求める公式とよく似ているので、間違いがないようにしておかないといけません。台形の面積を求めるのに、三角形の面積で求めては、当然答えがおかしくなるでしょう。

このときに気が付けばよいのですが、中学受験の最中は緊張しているので、気がつかない可能性も十分あります。算数にはこのように似たような公式もたくさんあるので、どれが三角形の面積を求める公式なのか、どれが台形の面積を求める公式なのかを明確に覚えておくことが重要です。そうしないと他の問題まで間違えてしまう可能性があります。

Sorry, the comment form is closed at this time.