四角形も出てくる

8月 6, 2015 by admin
算数の問題には、三角形だけではなく四角形も存在しているので、実際の中学受験では、四角形の問題も出てくる可能性が高いでしょう。基本的には三角形であっても四角形であっても、公式をしっかりと覚えておけば解ける問題が多いのですが、やはり応用が利くようにしておかないと、四角形単体の問題は解けても、四角形が組み合わさった問題などが出題された場合に、答えられなくなってしまうでしょう。

三角形の場合には、二等辺三角形に正三角形、直角三角形の3種類ありますが、四角形の場合には、正方形と長方形の2種類なので、簡単だと言えます。しかし、四角形の問題を解く場合には、平面だけではなく立方体の問題も出てくる場合があるので、立方体の解き方もしっかりと勉強しておかないと、中学受験対策としては不十分です。まずは面積を求める問題をしっかりと解けるようにしておきましょう。

面積を求める問題が解けないと、立方体を求めることは難しいので、やはり簡単な問題から確実にできるようにするのが、算数の勉強法です。まず三角形の面積が求められるようになったら、今度は四角形の面積を求められるように勉強する、そして四角形の立方体を求められるように勉強するという手順がおすすめできます。

Sorry, the comment form is closed at this time.