三角形の面積が基本

8月 6, 2015 by admin
中学受験の問題では、図形が出てくることもあるのですが、大半の中学受験の問題は三角形などの基本的な問題が中心になります。よって三角形の面積を求める計算を基本として、応用が利くように勉強しておくとよいでしょう。算数の問題では、二等辺三角形と直角三角形、正三角形のいずれかになることが多いため、この3つを答えられるように勉強しておけば、三角形に関する問題の対策は十分です。

実際の中学受験では、三角形が1つだけ出てくるという問題が少なく、その多くは複数の三角形を組み合わせた問題が多いと言えるでしょう。よって三角形の公式だけを覚えておくという対策では不十分です。複数の三角形が組み合わさった問題もしっかりと解けるようにしないと、算数の勉強とは言えないでしょう。問題集や参考書では、それほどたくさんの三角形に対する問題が載っているわけではありません。

しかし、インターネット上であれば、三角形に関する問題に特化したサイトも存在しているので、このようなサイトを利用することもおすすめです。ただし、中学受験対策の問題で探さないと、もっと難しい高校受験や大学受験のサイトが出てくる場合もあります。よって中学受験や算数というキーワードを含めて探すようにしましょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.