時間を決める

8月 6, 2015 by admin
中学受験の勉強をするときには、実際に問題集を購入して、問題を解いてみるという勉強をする人もたくさんいるでしょう。しかし、ただ問題を解くだけでは、実践的な勉強ができません。そこで算数の問題を解く前に、この問題集はどれぐらいの時間で解くべきなのかが明記されている場合もあるので、時間を決めて問題集を解くようにするべきです。

大体算数の問題というのは、60分ぐらいで全問が解けるようになっていることが多いので、しっかりと時間を計って問題を解くという勉強方法をすると、より実践的な中学受験の対策ができるようになります。もちろんずっと時計を見ているというわけにはいきませんので、ストップウォッチで親や兄弟に時間を計ってもらうという方法、目覚まし時計や携帯電話などを利用して、あらかじめアラームをセットしておくという方法もよいでしょう。

こうすれば1人であっても、きっちりと時間を計って算数の問題を解くことができるようになります。このようなやり方をすると、実際に集中力が上がるという人もいるので、普段はあまり集中力がないという人におすすめしたい勉強法です。時間が限られていることで、より集中して問題を解くという力は、算数だけではなく、他の教科でも必要不可欠だと言えるでしょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.