中学受験算数で基礎問題を解く

3月 26, 2015 by admin
中学受験の問題には、基礎問題と応用問題が出てきます。そのため、勉強を始めた当初は、算数の基礎問題を中心に行うとよいでしょう。また、小学校5年や6年で教えてもらうような問題ではなく、3年や4年で教わるような問題からスタートするとよいでしょう。もちろんスラスラ解けて当然なのですが、中には忘れてしまったような問題も出てくるので、もう1度確認しておくべきです。

どのような問題を解くべきかというと、できれば小学校3年や4年のときに使用していた教科書を使って勉強するのが最も簡単な方法でしょう。もう昔の算数の教科書が残っていないのであれば、計算ドリルのような問題が載っているテキストを購入してきてもよいですし、インターネット上に記載されている問題を解くという方法もあります。基本ができていなければ、応用問題は解けませんので、焦って難しい勉強からするのはおすすめできません。

最初は文章問題ではなく、普通の計算を解くという基本的な問題からスタートし、この問題はどのように計算すれば解けるのかという確認をしていきましょう。もし全部解ければ問題ありませんが、解けない問題があった場合には、もう1度確認して確実に覚えておく必要があります。そのため、中学受験の勉強は早めに開始しないといけません。

Sorry, the comment form is closed at this time.