中学受験の算数対策

3月 26, 2015 by admin

中学受験を行う際に、必ず行わなくてはいけない試験科目の1つが算数です。高校受験や大学受験のときには数学と名前が変わっていますが、基本的なことは一緒なので、特に変わった受験対策が必要になるということではありません。あくまで小学校生活で習った算数の勉強を行うことが大切になります。中学生で習う問題が中学受験で出るということはありません。

問題の内容や答えを暗記してもあまり意味がありません

勉強方法は人によってそれぞれ変わってくるでしょうが、基本的な勉強法としては、算数の教科書を読み直し、問題を実際に解いてみる、本屋で中学受験対策のテキストを購入し、実際に問題集を解いてみる方法などが有効的でしょう。現在ではインターネットが気軽に使用できるので、インターネット上にある問題を解くという受験対策もできます。

ただし、問題を解く場合には、問題の内容と答えを暗記してしまおうという人もいるでしょうが、国語や社会であればこのように暗記をしてしまうという方法でもよいでしょう。しかし、算数の問題というのは、かなりたくさん存在しているので、問題の内容や答えを暗記してもあまり意味がありません。あくまで解き方をしっかりと覚え、応用が利くように勉強しておく必要があります。逆に基本を覚え、応用が利くようになれば、どのような問題が出ても安心できる教科です。

Sorry, the comment form is closed at this time.